FC2ブログ

偏愛的独白

ミュージカル『テニスの王子様』 Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その5

いろいろと忙しくしている間に、東京千秋楽があり、大阪公演も明日が楽日となってしまいました。
一時は、歌を口ずさめるほど、歌詞も覚えていたのに、だんだん記憶が(^^;)。
以下、



ネタバレ注意

ネタバレ注意




攻め込む不二。
ダビデ「切原を圧倒した」
剣太郎「強い、不二周助」
ジャッカル「わかってねぇな。心配なのはむしろ、不二のほうだ」

赤也の歌
「ヘイ!ジーニアス!天才は忘れた頃にちゃちゃっとつぶせ。」
「その顔に泥をぬってさしあげましょう」

ネットをはさんで、不二を挑発するような踊り。

間奏のとき、立海ベンチが踊りに入る。
ジャッカルがブン太を誘い、ブン太が「オレ?」って感じで、ベンチからやってきて、二人で赤也のバックダンサーに。
仁王と柳生も加わる。
このとき、柳と真田は、靴を脱いで準備(笑)。最初は座っているが、ベンチの上に上がって、踊る。
歌は、「ジーニアス」から、「BloodShot」へ。
この一連の立海のダンスシーンは、何度見てもいい。できれば、もっと見ていたかった。
上手側の席のときは、ガン見。
つい、立海ベンチばかり見てしまうので、青学が何をしていたか不明。赤也の挑発に怒っていたぐらいしかわからない。
曲が終わり、柳と真田が座って、靴をはく(笑)。

試合は白熱。
赤也「ばか、これは、フェイクなんだよ」
不二「トリプルカウンター白鯨!」
白鯨を返す赤也。
不二「トリプルカウンター羆落とし」

このあたり、真剣勝負なんで、ドキドキ。相葉くんも元気くんも、動きがいい。きびきびとした美しい動きで、魅了する。

フラフラになって登場する乾。ノートを握り締め書き込んでいる。
みんなに心配されるも、
乾「今までとらせてもらえなかった不二のデータ、今とらなくていつとるんだ」と。

チェンジコートのとき、鉄柱を蹴る赤也。
不二「随分マナーが悪いんだね」
赤也「つぶす」
審判に注意されて、「へーい」と返事する赤也。

舞台が暗くなって、不二にスポットライト。雨の音。回想シーンへ。
下手から、台の上に乗った手塚登場。

手塚「不二、越前との試合、なぜ本気で勝ちにいかなかったんだ?」
「本当のお前はどこにある?」

不二「手塚、どうやらぼくは、勝敗に執着できないみたいなんだ」
「スリルを楽しみたいだけなんだ」
「君こそどうなの?」

手塚「今は全国制覇のことしか頭にない」

不二「手塚、君もぼくと同じ人種かと思っていたよ。あの試合を見るまでは。」

サーブをしようとして肩の痛みで崩れ落ちる手塚。赤いライト。

音楽。
不二のソロ。
「本当のぼくはどこにある?」
寂しそうな曲。童謡みたいな。
ラケットを置いて、両手を差し出しながら後ずさりする相葉君が何ともいえない切なさをかもし出す。

「まるで迷子を楽しむように」「勝敗に執着できない」「戦う相手もゲームのコマさ」

途中で、青学、立海ベンチともに、コートに来て、シャドウテニス&ポーズ。その中を不二が歌いながら、さまようように歩いていく。
不二を残してはけるメンバーたち。


下手の壇上で、テニスをする手塚。

「でも、あの試合の君を見てから、ぼくの何かが変わった」
「そろそろ、ぼくも本気になれるかな?勝ちに執着する君のように」

舞台は、ネットをはさんで、赤也と不二の試合の続き。

不二「そうか、これか。ぼくも本気になれるのか」

赤也「隙、みっけ!」

赤也のボールが不二の頭を直撃し、倒れる不二。倒れるさまも美しい。

一年生トリオ「不二先輩!」

大丈夫と起き上がるも、「見えない」と愕然とする不二。

暗転。

舞台奥の台の上のベッドに横たわる幸村。

幸村の病気の説明がナレーションで入り、次々と、舞台へ出てくる立海メンバー。
制服&マフラー姿!
真田だけが中にVネックのニットを着ていて、マフラーをしていない。
マフラーも、皆、ぐるっと巻いて後ろに流していたが、柳生だけ、片方を前に垂らしている。
立海の制服シーンが見られるとは、感激。

真田「幸村!俺たちは無敗でお前の帰りを待つ!」

これには、ぐっときました。

音楽も、いいんですよ。とっても。

「負けることの許されない王者 勝つことだけが掟のチーム」
「無敗という絆で~」

ここで、幸村のパート。「違う時間生きていても~」
立海メンバー「お前の~」
幸村「心は一つだよ」
立海「俺たちは~」

とハモっています。「非情のテニス」の別バージョンですね。

「負けてはならぬ、必ず勝て」と歌い上げて、パジャマ姿の幸村がいつの間にか
立海ジャージに着替えて、後ろに立っている。

その真ん中に、不二が出てきて、暗転。
一幕終了。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://blackjubi.blog.fc2.com/tb.php/89-22cd4336