FC2ブログ

偏愛的独白

「モーツァルト!」大阪公演とドラマ初主演と

明日から6月。

「モーツァルト!」の大阪公演は、5月の中止公演に続いて、6月も土日の公演(3公演)が中止に。
平日公演に駆けつけたい、千秋楽ならいけるか?と思ったけれど、都内の公演さえも行けない状態では無理ですね。
(行けない理由は、母関連です。ワクチンとかいろいろ(^^;。)

チケットがあって行ける方は、思い切り楽しんできてくださいね。
観劇慣れしてる皆さんなら、気をつけるポイントも心得ていると思うので、安全で快適な観劇を!

そして、まさかの古川雄大が、ドラマ初主演。
テレ東の『女の戦争~バチェラー殺人事件~』ですって。
共演の女優さんの豪華なこと。
そして、プロデューサーのお言葉が何気に素晴らしい(笑)。


テレビ東京 田中智子プロデューサー
今回の『サタドラ』はオリジナル作品で愛憎サスペンス・コメディをお届けします。
誰もが憧れるハイスペックな御曹司の妻の座を狙う7人の女性たちのドロドロの戦いと人間模様、心の裏側を描きながら“今を生きる”女たちの『愛』『家族』『野望』『憎しみ』について問いかけます。
「果たして世の女性を魅了する理想の王子役にふさわしい俳優さんはいるのか…!?」
そこが大きな課題でしたが、ミュージカル舞台のセンターでキラキラと光り輝きオーラに包まれた古川雄大さんを見たとき、探していた王子様がここにいた!と確信しました。
鍛え上げられた長身に甘いマスク、時折見せるキリッとした気高き表情、今回の御曹司役には古川さん以外考えられません。この作品では古川雄大さんの魅力をたっぷりご覧いただきます。



とのことです。
まあ、リップサービスでしょうが、この方がミュージカルを観たことは本当だと思うので、なんかうれしい。


ほんとは舞台で観たいけど、こうも上演中止が続くと、せめてテレビで・・・と思います。

「古川雄大 The Greatest Concert vol.1 -collection of musicals-」開催決定!

つらい上演中止もあれば、よいお知らせもありますね;;






ああ、なんて豪華なゲスト様たち。
古川くんのオリジナル曲プラスミュージカル曲のライブも好きだけど、全曲ミュー曲というのも、うれしいです(≧▽≦)。
ゲストによって、歌う曲も変わるのでしょうか?
ああ、楽しみ楽しみ。

そして、「モーツァルト!」の札幌公演、今日からですね。
ギリギリのところですが、お気をつけて、無事乗り切ってくださいませ。

勇気一つを友にして

昨日のNHK「みんなのうた60フェス」観ました!

ほんとは、生で観覧したかったけど・・・応募はしてないけど・・・。

事前に曲目が発表されていましたが、古川くんが何を歌うかは全く予想できなくて。
ソロで歌ったのが、「勇気一つを友にして」。

知らない歌でしたが、とてもいい歌ですね。
この時期に聞くと、涙がこぼれてしまいます。

無観客ではありますがこういう企画を実現してくださったNHKには感謝です。

NHKと言えば、井上芳雄さんもたくさん出演されてますし、木村達成くんも、大河ドラマと「半径5メートル」に出演。
ミュージカルで活躍の俳優さんがテレビに出るのは、すごくうれしい。
木村達成くん、ドラマでも違和感ないな~。かっこいい。
Eテレのレミゼも観ました^^

そして、緊急事態宣言が延長決定となりましたが、舞台は、上演できる演目が発表され始めています。

レミゼは、上演されることになり、私のチケットは無駄にはなりませんでしたが、払い戻しも可能です。
同じ東宝でも、『モーツァルト!』大阪公演はまだ発表されていません。
ひたすら祈っています。
劇場直行直帰なら・・・と思いますが、ダメでしょうか。

昨日は、ミューオタじゃない友人からも、古川くん出てるねとか裏切らない芳雄(生配信)のことで連絡もらいました。
私は生配信は観られなかったのですが、セットリストをあとで見て、素晴らしいなあと思いました。
こんな時期にこんなに素晴らしい生配信をしてくれる井上芳雄さん、スタッフの皆さん、出演者の皆さんの功績をたたえたいと思います。

ありがとうありがとう、ほんとにありがとう。

少し明るい話題もね。

書き忘れてましたが、第46回菊田一夫演劇賞について。

菊田一夫演劇大賞
風間杜夫(「セールスマンの死 」のウィリー・ローマン役 、「女の一生」の堤 章平役 、「白昼夢」の高橋 清役の演技に対して)

菊田一夫演劇賞
加藤和樹(「ローマの休日」のジョー・ブラッドレー役、「BARNUM/バーナム」のフィニアス・テイラー・バーナム役の演技に対して)
海宝直人 (「アリージャンス~忠誠~」のサミー役、TOHO MUSICAL LAB. 「Happily Ever After」の男役の演技に対して)
咲妃みゆ(「NINE」のルイザ役、「GHOST」のモリー役の演技に対して)
高畑充希(「ウェイトレス」のジェナ役の演技に対して)

菊田一夫演劇賞特別賞
鳳 蘭(「屋根の上のヴァイオリン弾き」をはじめとする永年の演劇界への功績に対して)

受賞者の皆さん、おめでとうございます。
個人的には、加藤くん、海宝くん、咲妃さんの受賞がうれしいです。
それと・・・風間杜夫さんも実は好きなんです。
まだ実家には風間さんのアルバムがあるんじゃないかな。
コンサートも行きましたし(笑)。
若いころは割とおっさん好きだったのかなあ~。

もう一つ書き忘れた公演情報。


黒木 華、中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が初共演・ダブル主演、今夏オーチャードホールにて上演!
世界的傑作戯曲「ピーターパン」をエラ・ヒクソンが新たにウェンディの視点から翻案した『ウェンディ&ピーターパン』が、待望の日本初上演!
タイトルロールであるウェンディとピーターパンを、今回が初共演となる黒木 華と中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が演じます。
演出を手掛けるのは、シアターコクーン上演の「るつぼ」(2016年)、「民衆の敵」(2018年)で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。本作ではファンタジックな世界観から現代社会に通ずるテーマを浮き彫りにします。
さらに、ウェンディの上の弟・ジョンに平埜生成、二番目の弟・マイケルに前原 滉、ティンクに富田望生、タイガー・リリーに山崎紘菜、海賊・スミーに玉置孝匡、ミセス・ダーリングに石田ひかり、そして、フック船長とミスター・ダーリングに堤 真一と、若手からベテランまで多彩な魅力を持つキャストが結集しました。ぜひご期待ください!(MY Bunkamuraメルマガより)



黒木華さんや堤真一さんの舞台、観たいですね!
中島さんの人気もすごいと思うので・・・チケットは厳しいかも。

今日はもう、東宝の発表はないのかな・・・。

以下、拍手コメントお返事です。


5月の観劇予定

本来ならば、今日が「モーツァルト!」の東京千秋楽でした;;
チケットはFCでは落選したのでほかで手配してました。

あ~あ。

緊急事態宣言も延長のようですね・・・。

今月の観劇予定。

「モーツァルト!」2公演 中止

「エリザベートTAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート アニヴァーサリースペシャルver.」 中止→配信で鑑賞

「ロミオ&ジュリエット」2公演

「レ・ミゼラブル」

うーん、どうなるでしょうか?


こんな時期ですが、公演情報が解禁されてます。




やはり再演するのですね。
初演はチケットがとれませんでした。
再演もチケットとりが面倒なら、観なくてもいいかなあと。




気になるキャスト陣ですね。
星の王子さまかあ・・・。実は苦手なんですが、ミュージカルならいいかもしれません。



来ましたね~。
「ポーの一族」ではまだ、男性の役でしたが、こちらは女性。
満を持しての発表という気がします。
これから、いろんなミュージカルの主役三昧なのかな?
コロナがなければ、もっといろいろ企画があったのかもしれませんね。
私はいつか、シシィを演じるのではないかと思っているのですが。

この作品は観たことはありませんが、作品のことは知っていました。
これも、音楽座ミュージカルなのですね。これから、東宝で扱っていくのでしょうか。

演出が小林香さんですね・・・。



何かあるとは思っていましたが、昨日解禁されました。
東京ではなくて、神奈川ですが、行きたいです。
歌いまくる望海さんを生で観たいです。

今、一番遠い日程のチケットが7月です。
木村達成くんのお芝居。
先が全く見えないけれども、それでも役者の皆さんは稽古に励んでいるわけで。
主催者は宣伝をし、プレイガイドはチケットを売っている。

だもの、こちらも、いつでも鑑賞できるようにチケット買おうと思ってる。
とはいえ、レミゼは、かなり控えました;;